ブログ(CSブログ、カエルブログ)

ブログ(CSブログ、カエルブログ)

2020/06/26

スタッフブログ

熱中症

先週、アミタに出入りしている営業さんが熱中症になり、救急車で運ばれ点滴治療をされた、という事がありました。

身近な所で熱中症にかかった人が初めてだったので、とても驚きました。

改めて熱中症について調べてみました。

 

<主な症状>

・めまいや顔のほてり

・筋肉痛や筋肉のけいれん

・体のだるさや吐き気

・汗のかきかたがおかしい

・体温が高い、皮ふの異常

・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

・水分補給ができない

 

<なりやすい人・とき>

・肥満の人

・寝不足や疲れなどで体調が悪いとき

・二日酔いや下痢などで体内の水分が減っているとき

 

<対応>

もし熱中症かな?と思った時は、

・すぐに医療機関へ相談、または救急車を呼びましょう

・涼しい場所へ移動しましょう

・衣服を脱がし、体を冷やして体温を下げましょう

・塩分や水分を補給しましょう

 

また余談ですが、昔は日射病って呼んでませんでしたか?

実は、熱中症は「高温の環境下での全身の障害の総称としていう」のだそうです。
熱中症という言葉は昔からあったそうで、この熱中症の中に、熱疲労や熱けいれん、そして熱射病なども含まれるのだそうです。
日射病は、この熱射病の中の『太陽光が熱源となっているもの』を言うらしいです。

つまり、総称・熱中症の一つに熱射病があり、さらにその中に日射病があるというわけですね。

最近は太陽光に関係なく、高温のサウナ状態となり、家の中で倒れているお年寄りが増えたり、近年の高温多湿の環境の変化などもあり、より原因・症状も複雑になっている「熱中症」

 

みなさんも、私は大丈夫、と過信せずに、十分注意して下さい!!

ページの先頭へ戻る